×

商品メニュー

トップ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

冷凍うどん

久しぶりのブログ記事です。なぜなら私も例外なく、明るいネタがなかなか思いつかなかったから。
大盛うどんもコロナに翻弄され、毎日の人ぐりに振り回されてヘトヘトになりました。過去形にはしていますが、まだ終わったわけではなく、半分あきらめている。という感じで
一昨年より、通販事業を充実させようとして急速冷凍機の導入を計画していたのですが、高額のため、資金調達に補助金の申請をしていました。でも残念ながら2回とも採択されず。
選考基準に疑問を抱きつつ。計画が頓挫した形で終わってしまったのです。
別の形でもう一度計画することに。
その話はまた次回にしましょう。

2021-03-26 11:01:33

コメント(0)

ほんとに独り言

ホームページのブログにはいろんな効果があるそうで、キーワードを盛り込むことで検索に引っかかる仕組みになっているらしい。
なので、「うどん」とか「宮崎」とか「老舗」のようなワードを入れて書いていくとなんか変な、気持ちのこもらない文章になってしまって、正直非常に気分が悪い。なのでやめようと思っている。もちろん日々の出来事をつらつらと書くわけなのでうどん。というフレーズももちろん入ってくることにはなる。このコロナの波。大盛うどんにとってはそりゃあ大打撃を食らっている最中で。「助けて~」と叫びたい気持ちでいっぱいなのだけど、私個人にとっては案外、自分の本当の想い、潜在意識というものが割と明確にわかるきっかけにもなったし。外でお酒を飲んだり、食事をする。ということが面倒になってきた今日この頃の年頃には「自粛」というのがとても便利に使えてしまうので悪くない。
これからの働き方とか生き方。というのは以前から意識してきたつもりだったけど老舗。とか、老舗ゆえの「ねばならない」にだいぶ縛られてとても窮屈だった。私自身がどうやら自覚のないはみ出し屋さんなのでまわりから怒られること。たびたびなのであります。むかしからある慣習をずいぶん変えてきたよねえ

2021-01-27 15:40:18

コメント(0)

宮崎の美味しいもの♯2 高原町 田中椎茸

毎日、「コロナ」と言わない日はない。呟くたびにテンションが下がる気がしてあまり言わないようにしている。
こんな時だからこそ、美味しくて元気になるものを口にして。美味しくて元気になる言葉を口にしたいものです。

さて、このこの時期だからこそおすすめしおすすめしたい!私の「推しメン」スーパーフード
それがほし乾しシイタケ!嫌いな食べ物によくランクインする食材ですが。実は嫌いになるのは最初に口にしたものが偽物?だったからでは?
もともと、しいたけには「生しいたけ」と「乾ししいたけ」がありますが、乾ししいたけも元は生なのでひっくるめて「椎茸」としようとしてもまとめきれないくらい大きな違いがあります。それはずばり栄養の差。
キノコ類にはもともとレンチナンβグルカンなど免疫力を高める栄養素が含まれています、が、乾すまたは干す。という作業工程を加えることでビタミンÐと食物繊維が10倍に増え、免疫力を高める働きが10倍になることがわかっています。
現在、新型コロナの蔓延で日々、健康に不安を抱えながら過ごす方が多いと思いますが、食生活に乾ししいたけを取り入れることで,抵抗力を作るかなり有効な栄養素を簡単に摂取できるので身体や心の負担が軽減できるのでは。

さて、私はうどん屋の傍ら、「だしソムリエ」という活動も少し行っていて、その活動を通じて乾ししいたけの生産者さんにお話をお伺いする機会があり、乾ししいたけの魅力にはまってしまったのですが、宮崎は全国で2位の椎茸生産量をほこり、その生産者さんたちも椎茸への愛とこだわりを持つ素晴らしい方がたくさんいらっしゃることを知りました。椎茸の品種って何種類あるかご存知でしょうか。
冬菇と香信?それは品種ではなく、成長段階の名前。椎茸の品種は100種類を裕に超える数があって、しいたけの研究も積極的に進められています。その中で味も香りも最高に良いといわれて「能登てまり」と名付けられ、競りで一個、数万円で取引されることもある椎茸があります。品種名、色気のない呼び方で呼ぶと「菌興115」。その品種にこだわって原木椎茸を生産している貴重な椎茸屋さんが宮崎には2件あります。南郷町の「茸蔵」さん。と、高原町の「田中椎茸」さん。
肉厚で香りも良く、まさに森のアワビ。乾すことでさらに旨味もUPするこの椎茸。大盛うどん店舗内でもお徳用の販売をしています。
ぜひ一度食べてみてほしい宮崎の美味しいものです。
【楽天市場】【ふるさと納税】宮崎県産特選 有機原木椎茸(薪室仕上げ) 『どんこ』 -霧島高原の恵み- 昔ながらの薪室で仕上げ乾燥した安心安全の本物の椎茸 ※送料無料:宮崎県高原町 (rakuten.co.jp)
 

2021-01-07 15:26:01

コメント(0)

大正弐年拾月

あっという間に九月も半ば、4分の1だけになってしまった。
暑さも感じなくなり宮崎は短めの秋を迎えました。
来月10月。大盛うどんは営業許可証発行の日付から108年目をに突入します。
戦火の中で燃えずに残っていた当時の営業許可証には
「大正弐年拾月」と書かれています。
拾月のみ、日付なし。昔は割とざっくりだったのね。きっと。
 

2020-09-19 17:15:44

コメント(0)

ロゴのお話

大盛うどんのロゴ、カッコいいい!と褒めていただくことが多いのですが、このロゴ、100年続く老舗のロゴですが、できたのはほんの15年前、意外と新しいのに歴史を感じるのは、このフォントにあるのだと思います。
このフォント、ぱそパソコンの中にもありませありません。実は暖簾が元となっています。この暖簾は私が物心ついたころから掛かっているのもの、どなたか達筆なお方がフリーハンドで書いたものなのでしょう。いいセンスをお持ちだと思いませんか。
店でステッカーとTシャツをはん販売中です。

2020-09-11 12:19:30

コメント(0)

シマさん2

シマさんとは私の曾祖母の久米シマさんの名前なのですが、今や、店内で行きかう合言葉になっています。

「肉のシマさん一杯~」「江田うどん、シマさんで~」何のこと?シマさんはあのパートさんの名前ですか?シマさん食べられるの?
その答えは、大盛や特盛が食べたいお客様に、麺のみ増量します。というサービスの呼び名です。
どんぶりはそのままなので麺を増やすともちろん並々大盛になります。ただし、出汁は少なくなります。薄くなります。メニューによってはとっても出汁が薄くなります。それでも良ければどうぞ、という私からの挑戦です。もちろん美味しく食べたい方にはおススメしません。すべてのメニューは麺を美味しく食べられて出汁も美味しく召し上がっていただくベストバランスで提供しています。ですからシマさんを召し上がるのは2回目以降、どうしてもお腹が空いてお金もないというときにしてほしいのです。高校生は仕方ない。質より量なのだから。仕方ない。
得したい!というヨコシマな気持ちでシマさんを注文して残したり、だしが薄いと文句を言われるのが一番悲しいのでシマさんを召し上がるときは覚悟を決めてください。その代わり私が作るシマさんは半端ないよ。ギャグのように麺を盛りますから。心して注文してくださいね。
ただ、ひと月に1,2回おひとりでお見えになって「うどんを2杯、一緒にもってきてください。」とか「具入りそばを普通1杯と小盛1杯」とご注文くださるお客様がいらっしゃいます。本当に美味しい食べ方をわかってくださるダンディな方♥
抱きついて握手して手をブンブン振りたくなります。
昔はおひとりで5杯10杯と召し上がるお客様がたくさんいらっしゃった、とか、たまにレジでお支払いをしながら武勇伝を話して帰られる、かつてのイケメンたちがけっこうな人数でいらっしゃいます。日本が勢いのあった良い時代だったんですね~。シマさんになったつもりで当時を回顧してイケメン達との会話を楽しむのも好きです(笑)

2020-09-04 13:26:08

コメント(0)

シマさん1

コロナに振り回されて、お盆に突入し、消防訓練や害虫駆除、to doが多すぎてすっかりサボり気味のブログを久々に更新。
創業者の曽祖父と曽祖母は房吉とシマと言います。房吉のエピソードはあまり残っていないのですがシマさんは相当性格がキツい厳しい姑で商売に関してもガッチリ稼ぐ、タフな女性としてのエピソードが残っています。そのシマさんが残った麺を捨てるのはもったいない。と、麺を丼から溢れるくらい盛り始めた事がきっかけで『大盛うどん』の屋号が生まれました。
話を現代に戻し、2年前にわたしが代表になってからオペレーションを見直し、キャパにそぐわない事を削り始めた最初に大盛り、特盛りをやめたので、まぁまぁな頻度で“大盛りは無いんですか?"と聞かれ、仕方がないので『シマさん』というサービスを始める事になりました。続く…

2020-09-04 10:15:26

コメント(0)

うどん、テイクアウトできます。昭和編

大盛うどんが宮崎市内で暖簾を揚げて108年になりますが、当時は大正時代。飲食店も数える程度しかなかったと思われます。
当時の宮崎は中食も珍しく、ほとんどの家庭が各家庭で作る質素な食事で日々を楽しんできたはずです。我が家の先祖も住み込みの女中さんがごはんの支度をし、お膳に載せられ夕事食を家族でいただくスタイルだったと聞いた気がします。そういえば宮崎の中心市街地も
つい40年ほど前はほとんどが農地でした。
それから戦争の時代を迎え、戦争が終わるとともに海外の生活スタイルが取り入れられ、外食も増えてきました。そして昭和の初めごろはなかったテイクアウトの文化も出てきます。大盛うどんもお客様のご要望にこたえる形で「持ち帰りスタイル」を始めるようになったみたいです。そのころはポリ袋なるものも貴重ですから最初は紙に包んだりしていたのかもしれません。私が記憶している一番古い光景はポリ袋に5杯分くらいをギュウギュウに詰めて口を折り、新聞紙で包むスタイル。エコです!今は別々に食べるから。と、小分けを希望されるお客様が増え、なんでも1杯ずつ1個ずつが当たり前です。そして驚きなのがだし!なんと、サントリーオールドってわかりますか。
あれに出汁を入れてもって持って帰っていたんです。いまでは考えられないようなゆるい包装スタイル。いま、ごみを減らそうとエコバックや個包装を避ける活動もされていますが、この時代に戻ればいいのになーと考えさせられる思い出の歴史です。
エコですよね~。

2020-07-21 15:13:21

コメント(0)

活きのいいうどん3

前回、出来立てのうどんをお届けできるように試作をしました。というところから、食べてみた記録をのせる!のがすっかり遅くなってしまった。コロナ関連の手続きや工事関係の発注など。世間の動きにはうちも例外ではない。
さて、けっか結果としては、予想以上の美味しい麺になりました。いや、むしろ店で提供している麺より私は好きです!
これが順調に商品になったら関西より北への発送に対しても、堂々と美味しいうどんです!!と言えます!
それにしても、ここまでのテイクアウトや発送の大盛うどんの歴史。そうとう、紆余曲折ありました。
ていテイクアウトや発送をはじ始めたころは今の食品衛生法からは想像できないような、驚くべき包装スタイルで・・・
けっこうおもしろいので、(笑)次回からのシリーズはお持ち帰り篇にします。

2020-07-17 16:00:37

コメント(0)

活きのいいうどん2

できたてほやほや!の茹でたてうどんを急速に冷凍処理して一日後、食べてみました~
鍋にお湯を沸騰させ、麺をいれ、火を止めて、3分程置くと、麺がほぐれてきます。
再び火を点けて沸々としてきたらざるにあけて、きゅっとしまった麺が好きだったらここで水で一度締めた方がよいけど、
私はふわふわ!が好みなのでそのまま丼にあけ、だしをかけて。いただきます!!
「うわ!!」麺のモチモチ感がましている!!美味しいじゃないか~!!
大満足の出来です。
これより具体的に製品化、開始します!

2020-07-10 19:22:32

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

商品ページ